僕の日々の生活で数々の疑問とその後調べてみて分かったことを紹介しています。皆さんに役に立つ情報をなるべく簡潔に書いていこうと思います。

RYOTACHANNEL

記事

骨抜き塩サバは、必ずしも完全に骨が無いワケでは無かった話

更新日:

最近スーパーに食材買いに出かけてみると、意外と結構便利な食材があって驚く事が多い気がします。

昔はこんなに冷凍食品たくさん種類があっただろうか?特に冷凍うどんや冷凍パスタの種類は非常に多いので、全部網羅しようと思ったらかなりの日数を要しそうです。

他にも色々有りますが、中でも特に革命的なのが骨抜き塩サバで、その名の通り塩サバの骨がすべて抜かれていて食べやすくなっているのです。

買ってきたら魚焼きグリルやフライパンなどで焼くだけなのですが、普段の普通の塩サバの場合はココから骨を抜くと言う面倒くさい作業をしてから、やっとこ食べられる!と言う状態になります。

焼き立てでホカホカの塩サバが食べたい!と思って買って来ても、普通の塩サバだと焼き立ての中で骨を抜く作業をして行かなければならないので、ホカホカではない塩サバを食べることになるのです。

所が、既に骨が抜かれている塩サバの場合は、焼き立てのホカホカの塩サバを食べることが出来るので、非常に精神的にも肉体的にも救われる食材だと言えるでしょう。

ただ、時々骨の残存勢力が残っている事があるので、その点だけ注意して欲しいですね。

口に入れて嚙んでいる時に気付くことが多いので、気付いたらそっとティッシュなどで拭って捨てましょう。

骨が見つかっても、何だ!怠惰な!?と言って怒ったりしないで欲しいですね。

確か塩サバの骨を抜く作業は全て手作業で、どこかのどなたかが骨を抜く作業を毎日延々とされていた結果、楽に塩サバを食べられる様になっているので時々は見逃してしまう事もあるのです。

なので、出来ればどこかの誰かが骨を抜いてくれていた事に感謝して、これから塩サバを食べて行くと良いでしょう。

 

-記事

Copyright © 任意の文字列 , All Rights Reserved.