僕の日々の生活で数々の疑問とその後調べてみて分かったことを紹介しています。皆さんに役に立つ情報をなるべく簡潔に書いていこうと思います。

RYOTACHANNEL

記事

紙の原材料「パルプ」より紙ができる迄の手順を紹介します。

投稿日:

みなさんの身の回りにあたり前のようにあったりする紙。紙が全くないくらしというものはイメージできまないですよね。それではその紙、何を原材料に構成されていて、どんなふうなプロセスを踏んででき上がるのかご存知でいらっしゃいましたか?今日は、紙というものがどういうふうに構成されているのかについてご案内します。

紙の原材料「パルプ」より紙ができる迄

紙が作り出される迄には、大きくわけると2つの手順があげられます。これからその2つをご紹介します。

まずはパルプを作る手順です。

パルプというのは?

パルプというのは、紙の原材料となる元となる繊維のことになります。メインに木材や草等の様な原材料から、その植物繊維をピックアップします。みなさんの身近な所にあります紙は、たいがいがこういった植物によって構成されてます。

 

パルプの原材料

パルプにはとてもたくさんの種類があります。木材パルプとか非木材パルプ、古用紙パルプ、合成繊維パルプといわれているもの、いくつものタイプがあって、おのおので原材料が異なります。それらの中でも木材パルプの原材料は、針葉樹あるいは広葉樹が中心となっています。

 

パルプの形成手法

パルプはどういうふうにできているのでしょうか。生産の手順をご覧いただきましょう。

一番に、木材の中から繊維をピックアップします。木材を高熱高圧の釜の内側へ薬品と一緒に足して煮込み、「リグニン」を溶かします。リグニンというものは、木材の粘着剤みたいな働きがある素材です。このおかげで、リグニンを溶かす手順を踏むことにより、繊維がアンバランスになった状態になってます。釜にて煮詰めたその後は、混入物というものをクリーニングするためにキレイにしクリーナーを使ってまいります。その後ラストとして、漂泊と洗浄の手順を踏めば、紙をつくるための原料品となる白色パルプの形成です。

パルプというものには、作り方により「機械パルプ」と「化学パルプ」の2タイプに大きく区分けされます。機械パルプというのは、機械にて物理的なパワーを付加することによって、木材をすり潰して形成されるパルプのことになります。色落ちし易く、持久性がほとんど無いことが特徴だと言えますが、木材の中からたくさんのパルプを抽出可能となります。

代わって、化学パルプというのは、化学薬品と加熱処理して連鎖反応を起こさせ、セルロース(炭水化物の仲間)繊維をピックアップするやり方です。強さが見られるのが特長で、長い間耐久可能だというアドバンテージがあげられます。

 

パルプから紙ができる迄

でき上がったパルプを活用して実際的に紙をつくる手順です。第一ステップとして、機械を使って繊維を毛羽たちをさせることによって、繊維それぞれが結び付けやすい状況をつくり出します。この作業の名称を、パルプの「叩解(こうかい)」と呼んでいます。「叩解」がすんでからたくさんの薬品を配合。パルプをパワーアップさせていきます。

次は、繊維を平均的に引き延ばすための「抄紙(しょうし)」の手順です。ワイヤーの上に積んで流していくことになりますが、その手順においてはプレスロールで挟みながら水気を少なくしていくのです。その後に、高熱によりパルプを乾かし、水気が10パーセント以内に変わるまで乾かします。

ここら辺くらいまでできあがってきたら、最終工程の後半手順になります。下に塗って表面にメークアップをし、それから表面をスムーズにしていきます。ラストとしてカッターを使って均等な大きさに切ります。この様にして、はじめて紙が出来上がります。

 

日本国内の紙「和紙」の作り上げる方法

日本古来の紙と言える「和紙」の作り上げる方法をお教えします。

 

和紙の原料品

ごく一般的なプリント用紙とは触り心地のまったく違う和紙になりますが、メインの原材料も異なっています。わたしたちがいつもからしばしばお目に掛かる洋紙は広葉樹あるいは針葉樹が原材料となるのに対して、和紙には、楮(こうぞ)、雁皮(がんぴ)、三椏(みつまた)というような植物が原材料に取り入れられているのです。

 

和紙のつくり出し方

和紙のつくり出し方は、まずは原材料となるこの植物をお水に浸しておきます。その後1日待ってからそこのところにアルカリ性の溶液を含めて煮立てて、リグニンを除去します。水洗浄を行なってアクをカット、機械を利用して叩解。繊維をやわらげていきます。次は、底の方の部分に細かな穴が開いた水槽の中に入れ、中に配合されているチリを除去します。そうして、もう1回機械で叩解の手順を踏み、紙の性質を整えます。

次いで混合の手順です。生産する紙の系統に見合った薬品をつけ加えて、この槽の中で紙の原材料と組みあわせます。それから、「抄紙機」を使用して原材料を流し、だんだんと水気を落としていきます。それから水を切るため毛布で水分をとり、乾燥機へと運ばれてまいります。そういった手順を受けて、和紙が出来上がります。

 

和紙と洋紙が異なる所

かつては和紙と洋紙では作り方が不一致でしたが、この頃は機械が発達したことで、シンプルにテクニックや原材料のみで区分することが困難になっています。和紙と洋紙のアドバンテージを照らし合わせます。

 

和紙

繊維が太めで、強度抜群で耐久性が高い原材料が限定されているため、高価格

 

洋紙

持久性においては少々劣る色落ちしやすい大量に生産が楽なため、低価格

和紙の方が紙そのものズバリの機能面は高く高レベルですが、高価格で大量生産が簡単ではないのが短所だと言えます。

 

木だけとは違う!?これ以外の原材料

木の原材料とされて活用されている植物の種類は、紙のつかいみちにより違ってきます。その中にあっても木材の他は以下のようなものが紙の原材料という形で使用されてるのです。

 

コットン

衣装の原材料としても採用されているコットンだけれど、紙の原材料というケースでも活用されているのです。例えて言うなら、コーヒーのフィルタ、筒あるいは名刺だったりがそうです。コットンは、綿の紡績と綿織物の不要物によって製作されています。

 

ケナフ

ケナフというのは、紙ナプキンといった系のものに活用されている原料です。アオイ科ハイビスカス属の植物で、大体は東南アジアとかアフリカで栽培されています。生育が速いといった優れた点があって、ずっと昔から使用されてきたようです。

 

亜麻

過去の欧米諸国では、亜麻がメインの紙の原料という形で広範囲にわたって利用されていたようです。今となっても、たばこの用紙なぞに適用されており、亜麻を原材料として開発されたこの紙を亜麻紙(あまがみ)と呼んでいるのです。

 

 

古紙

紙という形で活用された古紙を使用して、ふたたび真新しい紙へとリニューアルさせたもので一般的に「再生紙」と言われていてます。大規模なミキサーに入れてかき混ぜて古紙をほぐし、混入物等インクの取り除くことを通して、また紙とされて活用可能になります。

 

みなさんのお近くにある紙はこういう風にしてつくられていた!

「書籍」や「ノート類」「コピーに使う用紙」「ティッシュ」などという普段一般的に使うことに慣れている紙は、植物を原料とし、たくさんの手順を受けて形成されています。今回のレポートに目を通して紙に関心が出てきた人もいらっしゃるでしょう?紙についての博物館や作業場見学を受け容れている製紙作業場もあります。「紙の歴史や紙をつくる一連の流れを他にも理解したい!」と考えた人は、1度そのようなところを訪ねてみると、なお一層関心が深まると思いますよ。

-記事

Copyright © 任意の文字列 , All Rights Reserved.