僕の日々の生活で数々の疑問とその後調べてみて分かったことを紹介しています。皆さんに役に立つ情報をなるべく簡潔に書いていこうと思います。

RYOTACHANNEL

記事

廃車ってリサイクル可能なの?廃車となった自動車の行先 のエッセイ

更新日:

廃車ってリサイクル可能なの?廃車となった自動車の行先

廃車はペッチャンコにすることじゃなく、クルマのクルマ歴を削除する行程のこと。

廃車を行う場合、全ての車が壊されることではなく、中古自動車という形で国外で出回る、部分品が市場に出るあるいは、たくさんの形で廃車はリサイクルされるのです。

このようなリサイクルについてを、掘り下げて学習していきましょう。

 

廃車というのはリサイクル可能なの?元々廃車っていうのは

 

廃車というキーワードを耳にしたらやっぱり「もう使えず、使いみちがない自動車」だと考えてしまってませんか?廃車を選択する自動車は解体されるしかしない、今や乗車することが不可能な自動車だと。

でございますが、じつは、「廃車」というのは自動車の自動車歴を抹消去するる行程のことで、自動車をペッチャンコにするという事では無いです。自動車をバラバラにすることじゃなく、自動車の自動車歴を消去する行程のことになります。

廃車については2種類あげられます。「永久抹消」と「一時抹消」です。

永久抹消というのは自動車をこの先絶対に使わないためペッチャンコにするので、たくさんの人が廃車という名のキーワードに持っている感覚には、永久抹消のほうが近いです。一時抹消とは、入院や外国訪問という様な事情から、長い期間ドライブすることが難しい人が一時的に車の記録を消去しておくということを示すわけです。一回だけ抹消するのに限定したことにより、同自動車を再び登録することなどもできます。

解体事業者に廃車依頼をお願いしても、業者によってはスクラップにしないで一時抹消をし、ふたたび登録して自動車を使う事例もあるそうです。あとで「話が違う」となってしまわないように、永久抹消の手順にあたるつもりか、一時抹消にあたるのであろうかをきっちりと業者に聞いておいた方が良いでしょう。

永久抹消がなされて解体業者によって解体した自動車は、どのようになるのでしょうか。

解体業者は、自動車リサイクル法に基づいて自動車の解体をいたします。自動車の解体をやると、解体業者は自動車リサイクル促進センターに通知し、自動車を解体した内容を伝達するのがごく普通のことなのです。すると、自動車リサイクル促進センターが陸運支局に通知し、陸運支局が解体をおこなったことがわかるワケです。

解体業者は解体した自動車のパーツをリサイクルし、他の会社がパーツの買取りをおこなう手法で、自動車のパーツは再利用なされていくのです。こんなふうに再利用されることにより、自動車のパーツは残らずリサイクルしてもらう事ができるというわけです。

陸運支局が抹消登録を行うと廃車の過程はお仕舞いです。廃車の手順が終わると、陸運支局で保険解約になくてはならない「登録事項等証明書」を手にすることができるというわけです。

永久抹消手続きは、解体業者によってはすべてやってくれる際もあります。業者毎に、個人がどのへんまでしなければいけないかということがことなるので、廃車を依頼するする前にしっかり聞くようにしておいた方が良いでしょう。

 

廃車となった自動車の行先

永久抹消手続きされて廃車にされた自動車は、そのあとどういうふうにリサイクルされていると思いますか?廃車にされた自動車はただの鉄屑となるということではありません。うまくリサイクルされている部分がほとんどを占めます。

廃車にした自動車は、「部品」や「金属」、「家具」なんて感じにしてリサイクルされるのです。おのおのどういうふうにリサイクルされているのか細部にわたって解説してまいります。

 

部品という形でリサイクルされているケース

自動車の部品の中においては故障しづらい部品もたくさんあり、中古品されどきちんと機能をもたらす部品がいっぱいごさいます。国内で中古品の部品という形で活用されなくても、外国でユーズド部品という形で活用されるシーンも。国内の部品は性能が高く、世界中で高い評価を得ています。このお蔭で、わが国では扱われないパーツでも、日本以外では需要のあるケースも結構あります。

壊れづらいパーツの代表となる事例が、「ラジエター」。自動車の前の方についており、エンジンを冷たくするすごく大切な役目を果たしているパーツです。ラジエターがないと、エンジンがオーバーヒートし、自動車は走り続けるということができません。

そのような欠かすことができないパーツと言えるラジエターは、穴が開くのにすごくたくさんの時間が必要なため、壊れづらいパーツとして有名です。このため、自動車そのものは使い物にならなくなっても、ラジエターはもっともっと有用であるという状態であることもたくさんあり、ラジエターは再利用されるケースも沢山あります。

この他にもバンパーやボンネット、ホイールなどの様な部品もこわれづらいパーツということで有名です。バンパーは自動車の前と後ろ毎についておりまして、激突の影響から自動車をガードすることが役目です。そういう理由から、とてもとても堅固に出来ていていきなり使用できなくなることがないです。

けれども、パーツとしてリサイクルなされるには、パーツという形で再販が可能になるルートが存在する買い取り業者に自動車が渡ったケースのみですので、引き取った自動車を100%スクラップにする事業者ではリサイクルされることはないのです。

 

金属という形でリサイクルされるケース

自動車関係でリサイクルすることができないことがわかったという際は、スクラップにして金属という形でリサイクルしていきます。自動車は全重量の80%オーバーが金属系統で出来ているため、金属という形で再使用するということができます。

銅とかアルミ、ステンレスなどなどいろんな金属が自動車には取り入れられており、解体業者は特有のコネクションをうまく使い、こういう類の金属を他の会社に買ってもらったり、会社内で再利用をしたりします。このおかげで、自動車は解体業者からすれば価値ある資産だと言えます。

 

家財道具という形でリサイクルされるケース

この頃は、自動車のボディを家財道具という形で再使用する場合もあります。第二次世界大戦のの間に扱われていたジープのフロント部をザックリ切断し、デスクとしたりソファーとしたりした家財道具などを専門的に販売するお店も存在するくらいです。

長期間扱われていたアンティーク調のイメージがお洒落と、中古自動車を利用しての家財道具は高い評価を得ています。

 

ユーズドカーという形でリサイクルされているケースも

廃車した自動車は、あとで解体されないでユーズドカーという形でリサイクルされることもあり得ます。古めかしいから買い主が現れないと考え廃車処分とした自動車でも、車の種類それぞれで中古自動車ということで高いニーズがある自動車もたくさんあります。

解体業者の間でもユーズドカーの形での再販ルートを持っている中古車販売であるなら、このような自動車は解体するのと比べてもユーズドカーという形でリサイクルした方が高い価格で売買できるとみなします。こういった解体業者は特有のコネクションがあるため、ユーズドカーとして売り買いするということも安易です。

ユーズドカーのトレードに携わっているショップは、車の種類により得意不得意が見られるケースが数多いことも。これによって、それに見合った事業者の自信のある車の種類を持ち込んだら、高い価格で引き取ってくれるケースがたくさんあります。4WDといった車の種類は専門の買い取り業者が見られる場合も。このお蔭で、こういう類の車の種類をこういった事業者に引き渡すことによって、廃車にする計画をしていた自動車でもちゃんと中古自動車ということで購入して貰える自動車となるのです。

 

また、日本車は世界中で高い評価を得ています。外国では日本車は輸入車と言えます。日本では輸入車の人気が高いために、外国では日本車の評価が高く中古自動車もいろいろ流通しているのです。

日本車は外国では頑強ですと高レベルな支持率を手にしています。そのワケは、日本では一般車は2年に1回、商用車なんかの場合は1年に1回、シビアな車検をやって貰うことが求められます。外国ではこれほどシビアな車検制度が見られる国はあまりなくて、あらかたの国の車検システムは日本とは違ってゆるめのシステムだと言えると思います。

このようにシビアなシステムが存在するから、国内で運転している自動車は良い環境条件で使われており持久性がより高くなっております。

各個人では、己が廃車と思ってスクラップに持ち込みになっていた自動車がユーズドカーとして市場にでていたら、鬱陶しい印象を受ける人もいると思います。そういうことを遮断するためには、「キッチリと文書に目を通してみる」ことと、「廃車にならないことだってあるという文章面があるという際は、そちらの文章面を削除してもらう」などというような手順が不可欠です。

万が一にも、文書さえも見当たらず廃車プロセスが実施されてそうになったケースでは、その解体業者を頼りにすることは出来ません。キッチリと文書が存在する業者をセレクトしてください。

さらには、文書にきっちり熟読したケースでも気になるという時には、解体されるところを見届けに向かうということもひとつの手です。

カギを記念品にもらっておく、カギ穴を一式つぶしておくなどというようなコツをおこなうなど、自動車を今後一切乗車できないといった風な状態にすれば、業者も廃車にするしかないです。中古自動車ということで市場に出ることが意にそわないなら、そういうふうな方法を使った方がいいです。

 

まとめ

廃車けれどもまだまだ使うことが可能なケースの自動車もたくさんあります。こういった自動車は、ユーズドカーとして使われたり、部品をリサイクルされたりしていきます。

自動車をユーズドカーという形で市場に出ることを回避したいのであれば、解体業者にしっかり確認を行って、ユーズドカーという形で売り払わないように文章などで確かにしておいた方が良いです。

-記事

Copyright © 任意の文字列 , All Rights Reserved.