僕の日々の生活で数々の疑問とその後調べてみて分かったことを紹介しています。皆さんに役に立つ情報をなるべく簡潔に書いていこうと思います。

RYOTACHANNEL

記事

こどもの日にペープサートとしてもってこいのこいのぼりの製作方法

投稿日:

こどもの日にペープサートとしてもってこいのこいのぼり。発祥やシナリオの製作方法

こどもの日に組み入れたい、こいのぼりのペープサート。発祥やシナリオの製作方法

こどもの日に見合うアイテムと言うと、こいのぼりですよね。こどもの日の展示する物ということで、こいのぼりの発祥をペープサートで表わして参りましょう。普段の保育だけれど簡単に取り入れられるペープサートだけれど、今日はこどもの日の催し物目的で活用する為の創意工夫を想定してみることにしました。

 

ペープサートでこどもの日を表現しよう

まず第一に、こどもの日に祝福がなされる様になってきた元祖をおさらいしていきましょう。

 

 

こどもの日というものは

こどもの日は、正確にいうと「端午の節句」と呼んでいます。「子供の人間性を大切にし、子供の歓びを図ると並行して、お母さんに感謝の意を示す日」という形で、例年5月5日となってるのです。5月5日となった事は、語呂混ぜ合わせてで印象に残るからと言われているそうです。

 

 

どういうわけでこいのぼりがシグナルとなっているのでしょうか

こいのぼりがこどもの日の象徴となった発祥は、古代中国にさか上ります。昔々、中国に流れがきつい河川があって、その途中に「登竜門」という名の滝がありましたと言われています。滝いうものは、河川と比較しますと傾斜が急性で流れがきついですよね。

びっくりすることにその滝をこいのぼりが上へと登って泳いだ、というような言い伝えが存在すると聞いています。その言い伝えに乗っかって、「急な流れの滝を登っていくこいのように、エネルギッシュに鮮やかに成長してもらいたい」といった願望が秘められ、子どもの成長を希望する日として恒常化したそうなんです。

 

こどもの日の物語の継承し方

こどもの日に関しての物語なら、ペープサートの劇に活用できる物語がいっぱいあげられます。シンプルに現わすと難易度が高いので、こいのぼりのひみつをお子さん達でも関心を持って貰えるようにかみ砕いてカンタンに調整しましょう。

 

 

どんなふうなシナリオにすべきか

こどもの日のからくる物語を交えつつも、お子さん達が夢中になれるというネタにした方が良いでしょう。こいのぼりを話題にした絵本を活用することにすれば、シナリオを考慮する手間が掛かるが要らないので易しいです。アレンジを付けるなら、ところどころでコーディネートをプラスしてあなただけのシナリオを生み出してみても良さそうですよね。

 

 

雰囲気を盛り上げる為に必要な物語の創意工夫

1つの例として、シナリオの中においてメインキャストのこいのぼりが冒険を通じて障壁を解決するというふうな物語設定だったなら、ストーリーに減り張りをつけ易く、お子さん達もエンジョイできることでしょう。

それに加えてそのほか、先だって皆でカブト制作しておき、ストーリーの間に着けたり脱いだり実施するシーンを準備して参加できるポイントを構成すると、話に耳を傾け易くなると思いますね。カブトをかぶりつつ劇を閲覧して、まさにそれがお守りになり代わるといったようなアレンジにする等、あなただけの仕込みを付け加えることもお勧めです。

 

こどもの日のペープサートの作成方法

それじゃあ、劇で活用してみたいペープサートを作成していきましょう。

 

 

スタンダードな作成方法

ペープサートの基礎的な作成方法は以下です。3プロセスで楽にできるでしょう。

 

(1)こいのぼりとかかしわもち、カブトだったり、こどもの日に見合う物を画用紙にスケッチします。
(2)イラストをはさみにてカットします。片面でもペープサートはできちゃいますが、両面毎にあったら劇がし易くなり。
(3)割りばしを内側にはさむみたいな形でイラストを貼り付ければ終了になります。

 

 

工作を使っての仕込みプラン

折り紙やトイレットペーパーの芯というものを介した工作を活用して、ペープサートを作成してみることにします。

 

 

 

折り紙でつくったカブトをペープサートに活かして参りましょう。これは着用する目的でニュースペーパーから作成していますけれど、折り紙を活用しておんなじ折り方でカブトを作り上げる事ができるのです。片面のみであっても悪くはないでしょう。

 

 

 

折り紙を輪っかにすることで作り出す、3次元のこいのぼりをペープサートに使用してみてはいかがでしょう。3次元的に変えることによって、右と左の方位の変更だけじゃなく、きわめて小さな表現が実現できます。こいのぼりの泳いで回る様子も示し易いかもしれないですね。

桃太郎の物語と同じような感じで、最初の内はメインキャスト自分のみ以外に棒についていない状態のから次から次へと味方がたくさんできていき、皆でこいのぼりという形で装飾されるように変身した、という様な物語発展で、ペープサートの劇の内にキャラクター人形の姿が変わって行くというプロデュースもユニークかも知れないのですね。

 

1つの例として悪役の出現という形で、ペットボトルのスケールの大きいこいのぼりが出演することも良いかも知れません。ビジュアル的な変更で物語にリズムがつくように感じますね。

 

 

ペープサートの舞台の製作方法

舞台の制作方法

ペープサートは舞台の製作方法も簡単です。ダンボールを組合わせたり、テーブルを陳列してカーテンを引っかけたりなどすることで作り出します。催し物や時節に応じたテーマで飾り付けを行うとなお一層きらびやかで子供さんたちの人気を集められそうですよ。

 

 

こどもさんの視点に見合った舞台の製作方法

ペープサート劇の世界観を活用してエンジョイできるために、舞台を製作して実演したほうが良いでしょう。ペープサートの舞台を作っている際にいの一番に想定したいことは、「こどもさん達の視点」だと言えると思います。こどもさん達がしゃがみ込んでペープサートに目をやるときに、きちんとキャラクター人形が判別できるくらいの高さにすると良いでしょう。舞台に教師が隠れられることを意識するため、低くし過ぎ無いといったこともポイントです。

 

 

こどもさんたちを座らせる周辺にも意識を

こどもたちを座らせる所は、舞台側よりいくぶん間隔を確保できるくらいで考慮するとうまくいくかも知れません。近すぎるとキャラクター人形が効率的に見え無くなったりしますからね。そして、こどもたちがペープサートを観覧する見え方も重要だと言えます。なるだけ近い距離で体感できるようにと横に広がっていきすぎると、目の前ではいい感じに受けとめられるものが、すみに座ったお子さんはいい感じに感じられなくなる場合もあります。

 

 

 

 

こいのぼりのペープサートを有効利用してこどもの日を楽しく過ごそう

こどもの日の催し物にエンジョイできるペープサートのシナリオコンテンツや制作方法というものをアナウンスいたしました。ペープサートの劇を介して、こどもの日の発祥や秘められた願望をこども達に知っておいてほしいですよね。キャラクター人形も舞台も作成方法がわかりやすく楽に創作できるので、工夫すれば仕込みの手間暇がかかる作業やスパンをカットすることが可能な催し物です。ぜひともこどもの日の保育に組み入れてみて下さいね。

 

 

-記事

Copyright © 任意の文字列 , All Rights Reserved.