鏡を見ている男性
禿げ頭を気にしている男性
髪の毛が薄い男性の頭部
公開履歴
髪をとかしている老人

男性型脱毛症であるAGAを治療する方法にはいくつかの種類がありますが、特定の方法を利用してクリニックに行って専門的な治療を受ける必要があることにかわりはありません。
実際にAGAだと判断されたときには先天的に薄毛の症状が進行することが認められていることを意味するので、早い段階で治療をするように注意をする必要があります。
AGAの治療で最も有名な方法はプロペシアという薬を利用することです。
この薬には男性型脱毛症の原因である男性ホルモンに働きかける効果があるので、この薬を利用すれば脱毛の原因となっている物質を作る過程を抑えることが出来るようになります。
プロペシアの利点は、臨床段階でかなりの割合の人間に対して効果があることが既に立証されていることです。
数年以上にわたって継続的に薬を服用し続けた人に対しては約9割近くの人が何らかの薄毛の予防の実感を得ることが出来ているので、非常に効果の高い治療方法になっています。
また、こうした錠剤を利用した薬があまり効かない人に対して近年ではさらなる治療方法が考えられています。
それは、頭皮に対して直接的にプロペシアに似た成分の薬を注入することです。
これは、注射器などを利用して頭皮に対して直接入れることになります。
薬の作用は人間の体質に効果が依存する傾向にあるので、錠剤があわない人にとってはプロペシアはあまり効果のある薬とは言えません。
そうした少数の人のために直接効果のある薬を頭皮に対して注入することによって、他の人が実感している薄毛予防の薬と同じ効果を体感することが出来るようにしているのです。
こうすることによって、ほとんどの人がAGA治療でその効果を実感することが出来るようになります。

記事一覧